お小遣いを使い果たしてピンチの時のキャッシング

MENU

お小遣いを使い果たしてピンチの時のキャッシング

既婚のサラリーマンであれば、自分の稼いだ給料を自分で好きに使うことはできないという人がほとんどでしょう。

 

夫婦でのお金の管理の仕方にはいくつかの形態があるでしょうが、周囲を見渡すと毎月決まった額のお小遣いをもらってやりくりしている人が多いと感じます。

 

ただし、サラリーマンは何かとお金を必要とする場面が多いものです。毎日の昼食や夜の付き合いなど積み重なっていくとどんどん出費の額が高くなってしまいます。

 

余裕のある額のお小遣いをもらっていれば大丈夫かもしれませんが、そうではないという人の方が多いはずです。

 

2013年のサラリーマンのお小遣いに関する調査では、平均4万円弱という結果があり、諸々の出費を考えるとそれほど余裕がない人が多いことを示しています。

 

あまりお小遣いをもらっていないという人であれば、次にお小遣いをもらう日までに使い果たしてしまう、というケースもあり得ます。

 

【キャッシングで補う時のポイント】

お小遣いを使い果たしたとしても、足りなくなったことを伝えるのが難しいという人もいるはずです。

 

もちろん、夫婦関係はさまざまですので、ちゃんと伝えて不足分を補えるという人もいるでしょうが、お金を借りたいときはキャッシングを利用してその場をしのぐというケースをよく聞きます。

 

だいたい2万円ぐらいまでを借りたいというケースが多いようですが、キャッシングでお小遣いを補う時にはポイントがあります。

 

初めてお金を借りてでお小遣いを補うという人は、いくつかの大手の消費者金融で用意されているような無利息で借りられる期間があるキャッシングを探してみましょう。

 

例えば、アコムやプロミス、レイクでは、30日間無利息のキャッシングがありますが、初めての利用という条件などがあります。

 

また、ノーローンの場合には、初めてではなくても完済していれば、1週間無利息のキャッシングを1ヶ月に1回利用できます。

 

【返済は早めにする】

少しお小遣いが足りないという理由で借りた場合には、無利息の期間を有効に使うためにも、返済を早めにすることが肝心です。

 

給料が入った時にすべて返済してしまうというクセを付けておくと良いでしょう。

 

リボ払いのように毎月の返済額が少ない方法で返済すると、完済までの時間が長くなり、払う利息が多くなります。

 

無利息の期間内に全て返せなかったとしても、その後に返済できるチャンスがきたらすぐに返すようにしましょう。

 

お金を借りたい時におすすめのサイト